フロントエンドエンジニアからフリーランス|必要スキル・年収まとめ

フロントエンドエンジニアからフリーランス|必要スキル・年収まとめ

Web制作において、WEBサイトのデザインを含めたインターフェイス部分の開発を担当するフロントエンドエンジニア。

スマホの普及によるWebサイト作成の需要の高まりから、フロントエンドエンジニアの需要も増えています。

今回は、「フリーランスとして独立してみたい、興味がある」という方に向けて、フロントエンドエンジニアのフリーランス事情についてまとめてみたいと思います。

フロントエンドエンジニアの業務内容や役割について知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください!

フロントエンドエンジニアとはフロントエンドエンジニアとは?

フリーのフロントエンドエンジニアとして必要なスキル

まずはじめに、フリーランスとして独立するためにはどれぐらいのスキルや経験が必要なのかについてみていきましょう。

最低限必要とされるスキルセット

HTMLとCSSのコーディングを主な業務とするHTMLコーダーがありますが、フロントエンドエンジニアはHTMLコーダーの発展系のようなイメージです。

フロントエンドエンジニアは、HTMLとCSSのコーディングに加え、Javascriptを用いた実装、Webディレクターの制作スケジュールを考慮しつつ、デザイナーの制作したデザインを実現するために最適な技術を提案したりといった役割も含まれます。

そのため、フリーのフロントエンドエンジニアとして活躍していくためには、

  • HTMLとCSSを用いたコーディングができる
  • JavaScriptの知識

の2点を一人前のエンジニアレベルで習得できていることは最低限必要といえます。

プラスαであると有利になるスキル

HTML・CSS、JavaScriptの知識にプラスして、以下のような経験やスキルがあると、企業からの評価も受けやすく、高単価で案件の獲得をしやすくなります。

CMSの知見

昨今では、編集のしやすさなどからCMS(content management system)を導入しているケースも多く、そういったCMSの改修や、自社にあったCMSを導入してほしいという依頼もあったりします。

CMSの中でもっともポピュラーなものとしてはWordPressがありますので、WordPressの導入方法や基本的な操作方法、JavaScriptやHTMLと連携する技術などを習得しておくと役立つことも多いと思います。

サーバーサイドの知見

サーバーサイドの知見を持っていることで、バックエンドとの連携がスムーズに行えるため、企業からも重宝されやすいです。

PHPやRubyといった主にバックエンドの開発に使用するプログラミング言語が使えたり、サーバーの設定やSSLといったセキュリティー関連の知識を持っていることで、業務の幅が広がり、結果、報酬も高くなる傾向にあります。

UI・UX設計

ユーザーが使いやすいWebサイトのデザインを提案、実装できることで、フロントエンドエンジニアとしての価値は高まります。

さらに、最近では、スマホファーストのサイト構築が当たり前になってきているので、UIを作り込む場合には、パソコンとスマホからの両方を考慮する必要があります。この辺りの周辺知識も身につけておきたいところです。

SEOの知見

技術的にどのようなサイトの設計をしておくと、自社のサイトが検索エンジンで上位に表示されやすくなるのかを企業側に提案できたり、SEOを考慮したサイト構築の経験があるということは、非常に市場価値の高いスキルとして評価されています。

コミュニケーション力

フロントエンドエンジニアは、単にコーディングができるだけではなく、ディレクターやデザイナーと連携しながら、プロジェクトを作っていく役割も必要とされます。

技術のキャッチアップも非常に大事ですが、様々な関係者を巻き込んで仕事をしていく上で、コミュニケーション力の高いフリーランスエンジニアはライバルとの差別化もしやすいですし、企業からも非常に重宝されます。

JavaScriptのフレームワーク開発経験

案件によっては、View.js やReact、Angularといった特定のライブラリやフレームワークの使用経験が、エントリーの条件になるケースもしばしばです。

実務の経験が難しい場合は、独学でもいいので、何かしらのフレームワークを触ってみることをオススメします。

そもそもフレームワークって何よ?

どんな案件があるの?単価はどれぐらい?

フロントエンドエンジニアの主な業務内容であるWebサイトの制作は、規模や内容によって、単価に変動が大きい点も特徴です。

20〜30万円の簡易的なページを制作の案件を複数掛け持ちし、収入を増やすことも可能ですし、企業のコーポレートサイトなどは100万円を超える案件なども存在するので、こういった大きい案件の受注をして、じっくり取り組むということも可能です。

リモートOKの案件も出やすい領域ではあるので、副業として、子育てをしながら、といったような選択肢も取りやすくなっています。

フリーランスとして独立した場合の年収相場

フリーランスのフロントエンドエンジニアの案件相場は、およそ【40〜70万円 /月】です。
上記は、経験年数が1年以上の場合の相場となり、実務経験がない場合は、月25万円程度からのスタートとなるケースが多いです。

年収ベースだと、ボリュームゾーンは480万円〜840万円ですが、1000万円以上稼ぐフリーランスのフロントエンジニアもいますので、着実にスキルや経験を積み上げていくことで、年収のアップは十分に見込めると思います。

また、正社員のフロントエンジニアの平均年収は350〜700万円程度なので、フリーランスとして独立することで、一定の年収アップは期待できると言えます。


プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。