SESは本当にブラックなのか?注意ポイントと良い案件の見極め方を解説

SES ブラック

SESは本当にブラックなのか

SESについて調べていると、「SES=ブラック」といったようなネガティブな記事や主張が多いですよね。

でも、僕自身もSESを利用したことがあるし、SESをうまく利用して満足のいく働き方を実現しているエンジニアも周りにいるので、個人的には「妄信的にSESがブラックだと決めつけるというのはちょっともったいないな」と思います。

要は「SES自体がダメ」というよりも、SES会社の選び方であったり、常駐先の企業の選び方次第だと思うのです。

ここからは、実際の体験談も交えて、巷で言われているSESがブラックだと言われがちなポイントやその対処法についてお話していきます。

SESがブラックだと言われているポイント

SES=ブラックだと言われているポイントとしてよく挙げられるのは、以下のようなケースだと思います。

  • 客先で不遇な対応を受ける
  • 発注側の作業見積もりが甘くタスク量が膨大、激務
  • 質の低い仕事をやらされる
  • 給料が安い

一つずつ、その原因についてみていきましょう。

客先で不遇な対応を受ける

「客先で、残業や無理・無茶な要求要望を受けて疲れてしまった。」

という話はよく言われるケースですが、クライアント側の指示・命令にしたがって作業をする派遣とは異なり、本来、SES契約はクライアント側に指示・命令権がありません。

あくまで受注者側が、仕事の段取りややり方を決めて作業を行うのが正しい形です。

しかし、エンジニアが客先にいて、自社では管理が難しいという側面があり、客先から残業や作業の指示を受けることが常態化しているケースがあります。

ただ実際これは、違法行為で「偽装請負」と呼ばれます。

本来であれば、エンジニアの就労環境を確保するために、SES企業側が、事前に常駐先企業の環境や通常業務の指揮命令に関しては、契約時に確認しておくべき事項なのですが、そこを怠ってしまっているSES企業が正直イケてないです。

sesとは?請負や派遣との違いからメリットまで経験者が徹底解説

発注側の作業見積もりが甘くタスク量が膨大、激務

こういったケースの場合、発注者側もSES企業の担当者側もエンジニアでない場合が多いと思います。

実態を見ずに事務的に、これぐらいで大丈夫かな…という作業見積もりで案件を受注してしまうケースですね。

想定外の問題が起こってしまい、思ったよりも残業やタスクが膨らんでしまうケースもあります。

この場合、自社リーダーや営業担当者が間に入ってクライアント側とタスクや契約内容、時間に対しての調整を行うのが本来の形です。

質の低い仕事をやらされる

ヘルプデスク(電話サポート)やサーバー監視、テスターなど、エンジニアにとってはやりがいの無いような、質の低い業務ばかりをさせられたというケースも稀に聞きます。

裏を返せば、エンジニアの実務未経験からでもチャレンジできる案件があるってことでもあるのですが…

個人的には、常駐先の企業でどんな仕事をするのか事前に詳しく教えてもらえたり、自分のスキル・経験が活かせる企業の案件を紹介してくれるSES企業であれば、そういったことはほとんど起こらないような気がします。

逆に、スキルや経験をサバ読んで、無理やり難易度の高いプロジェクトに送るというケースもあるので、注意が必要です。

給料が安い

SES企業は、エンジニアを企業側に紹介することで、紹介料としてマージンを受け取っています。

基本的には、月収の10%程度がマージンとして抜かれているイメージです。

中間搾取をされている、と思ってしまうと微妙な感じがしますが、その代わりに次の仕事を紹介してくれたり、クライアントとの間に入って報酬UPの交渉や稼働時間の調整を行ってくれるのであれば、メリットも大きいのではないでしょうか?

一方で、ブラックなSES企業の場合は、50%程度をマージンとして抜いているような企業も存在します。
あまりにも相場とかけ離れていたり、スキルや経験に見合わない給料しか受け取れないという場合は、そういった企業の可能性が高いので注意が必要でしょう。

個人事業主のお仕事「火消し案件とその実態」

ブラックなSES会社を見極めるコツ

SESがブラックだと言われているポイントについてみてきました。

どれも、SES自体がブラックなのではなく、企業や担当者の対応が微妙でありブラックというケースがほとんどであることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

ちゃんとしたSES企業に出会うことができれば、ネットや巷で言われているような苦しい思いをすることはほとんどないはずです。

ブラックなSES企業に出会いたくない!という方は、とりあえず大手のSES企業から当たってみるのが良いと思います。

理由としては、大手企業の方が圧倒的に抱えている案件数が多いからです。
小規模のSES企業の場合、実態が、大手SES企業の孫請けの場合も多く、マージンを2重で抜かれてしまうリスクもあります。

また、窓口がしっかりしているので、業務上でトラブルや困ったことがあった場合に常に連絡が取りやすく安心です。

ぶっちゃけ大手も微妙だった…という方は

手前味噌ですが、弊社でもSES事業を通して、エンジニアの方のキャリア支援を行っています。

もし、大手を使ってみたけど実際微妙だったし、小規模でも良いSES企業はないの?という方は、相談・質問だけももちろんOKなので、以下より気軽にご相談・お問い合わせください。

実は、弊社にもブラックに近い激務案件はあります。(※その分、当然ですが報酬はかなり良かったりします。)
ですが、弊社は本人の意思決定を重視するので、業務内容や現場の状況、作業ボリューム、報酬、期間などエンジニアの方とお話しして、メリットが有る場合のみ、そういった案件のご紹介をしています。

  • エンジニア歴10年以上の僕自身が、エンジニアの目線で「働きやすい」と思う企業の案件のみを取り扱い
  • 報酬が高く、受け入れ体制が整っている大手企業の案件のみ取り扱い
  • スキルシートや面接対策もエンジニア視点でアドバイスできます


プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。