GITで、やべぇ!と思った時に使うやつ。

Gitの背景画像

直前のコミットをなかったことにしたい

何はともあれ下記コマンドを実行する。

# git reset --soft HEAD^ 

/※※※ 「zsh: no matches found: HEAD^」と怒られたら、バックスラッシュで対応する※※※/
# git reset HEAD\^

いったんこれでコミット前に戻るので、
後は、checkoutしたり、修正したりでよろしくやる。

新しい環境でまずやること

ホームディレクトリで、ユーザーの登録とコミット、チェックアウト、ステータスのコマンドのショートカットもついでに。

git config --global user.name "yonaha"
git config --global user.email "yonaha_jun@adan.jp.net"
git config --global alias.co checkout
git config --global alias.ci commit
git config --global alias.st status

共有リポジトリの作り方

GitHub等のサービスは使わずに、自前のサーバでリポジトリを作って、プロジェクトを運用したい時に使う。めったにやらないのでよく忘れるので、メモメモ♪

リポジトリを作成する

mkdir /git/xxxxx.git
cd /git/xxxxx.git
git --bare init --shared

プロジェクトをGit initする

mkdir testproject
cd testproject
git init

//なにかコミットする
echo "git test" > readme
git add .
git commit -m "first commit"

リポジトリを登録して、プシュってやる

git remote add origin /git/xxxx.git
git push origin master

まぁまぁ使う便利なGitコマンド

日々使う系の備忘録です、普段はSourcetreeなどのソフトウェアは使わないので、コマンドをメモ

リビジョン間のdiffを取る

git diff <比較元のハッシュ値> <比較先のハッシュ値> /path/to/file

クローンする

git clone ssh://sample@255.255.255.255/git/kagayaki.git sample

リモートブランチをチェックアウト

git checkout -b branch_name origin/branch_name
# -b でチェックアウトしてブランチに切り替えてくれる

サブモジュールの更新&チェックアウト

git submodule update --init

gitリポジトリのoriginのURLを確認する

git remote -v

ブランチを作る

git branch yonaha_branch

リモートブランチを確認

git branch -r
git branch -a 

ローカルのブランチをリモートへプッシュする

git push origin yonaha_branch


リモートブランチ情報を更新する

git fetch

リモートのブランチをローカルへチェックアウト

git checkout -b xxx origin/xxx

マスターにマージする

git checkout master
git merge yonaha_branch

ブランチ削除

# リモートブランチ foo を削除する
git push --delete origin foo

# ローカルでHEAD にマージしたブランチを削除する
git branch --delete foo

#ローカルでマージしたかどうかを問わずに削除する
git branch -D foo

.gitignoreで指定する前に git add でインデックスに登録した場合

# ファイルを指定する場合
git rm --cached ssl/home/h/.htaccess

# ディレクトリの場合
git rm -r --cached xxx/