さくらのVPSにCentOS7をインストール

普段おせわになってる、さくらさん。今回は、VPS(4G:月額3,600円)を使ってLAMP環境を設定してみたいとお見ます。
さくらのVPSの申し込みをすませたら、仮登録完了のメールが来て、IPアドレス+初期パスワードがもらえるので、さぁ設定開始♪
久しぶりのサーバ初期設定なのでドキドキ。

[ecko_icon alias=”fa-check-square-o”] まずは、CentOS7のインストール

コントロールパネルへログインして、サーバ一覧から目的のサーバを選択し、カスタムOSインストールの選択項目を選びます。
僕が選択したOSは、「CentOS 7 x86_64」。選択後にインストールボタンをクリックします。
ちなみに、デフォルトではCentOS6系らしく、6系の方が手馴れているのですが、個人的にLinuxはちょっと弱いところでもあるので、今回CentOS7をインストールする理由はお勉強がてらです。

Image Capation

初期画面

「VNCコンソールを起動してインストール作業を行ってください。」とのこと。VNCコンソールのHTML5版を起動して、どうやら、GUIでの設定が必要みたいでだ。。。
「Install CentOS 7」を選択しEnter!

続いて基本設定を行います。

Image Capation

CentOS7基本設定画面

DATE&TIME:Asia/Tokyo にする。
KEYBOAD:Japaneseにする。
LANGUAGE SUPPORT:日本語を追加してあげる。
INSTALLATION SOURCE:URL経由でCentOS7のリソースを指定
SOFTWARESELECTION:最小限のインストール(Minimal Install)

続いてパーティションの設定を行います。

Image Capation

パーティションの設定画面

INSTALLATION DESTINATION(インストール先)指定をする。表示されている、102.4GBのディスクを選択する。
今回はパーティションをわけずに行きたいので
・パーティションの自動構成(Automatically configure partitioning) を選択
Diskを選択して、Daneボタンをクリックすると、下記、ディスク領域の確認ダイアログボックスが表示されるので、このまま「Reclaim space(領域を確保)」をクリックする

デフォルトのCentOS6の削除

Image Capation

パーティションの設定画面

そうすると、下記ダイアログボックス出てきた。
もともと、さくらのVPSにデフォルトで入っていた、CentOS6.6をどうするかのダイアログだ。
削除しても構わないので、Delete all をクリックし、Reclaim spaceボタンをクリックする。

「Begin Installation」をクリックしCenoOS7のインストール開始

Image Capation

パーティションの設定画面

インストールには、しばらく時間がかかります、僕の場合は30分ほどかかりましたが、インストール中にRootのパスワードを決めておきましょう。ユーザの作成は後ほどコンソールから行うので、とりあえず今はなしでいきます。

インストール完了画面もなしに、シャットダウンされた。。。一瞬何が起こったのかと心配したが、さくらのVPSコンソール画面から起動すると、普通にインストールできてた。

そして、ローカルのターミナルを開いて、
ssh root@123.123.123.123
として、(※IP部分は各自で変えてね)SSHログインに成功した。