PHPでフリーランスになる前に抑えておくべき理想の5つのスキル

「フリーランスで挑戦するには、どの程度出来ればいいですか?」「仕事で使えるレベルって」という質問を受けます、
僕が一番大切だと思うのは「常に技術をキャッチアップしていく」「チームのみんなと仲良くやる」といったマインド的な所が一番大切だと思いますが、それじゃ回答にならないので、僕個人の理想のスキルを考えてみます。

1つ目:フロントエンド(HTML5・CSS3・JavaScript)

PHPerはデザイナーではないので、デザイン分野までは担当しませんが、サイトのフロントの修正や改修は結構任されるシーンが多いのでHTMLやCSSの理解も必要です。
まずは、HTML5になってからのタグの構造化の理解、CSS3でのインタラクティブな実装方法は抑えておきましょう。
また、JavaScriptの理解も必要です、jQueryの使い方は必須だと思ったほうがいいですね。

これができれば尚可

ほぼフロントエンドエンジニアの領域になってはしまいますが、AngularJS、Backbone.jsなどのJavaScriptのフレームワークの経験と、LessやSassとかScssなどのCSSのメタ言語での経験があれば尚可です。

2つ目:PHPフレームワーク(MVCモデル)

Cakephp、Fuelphp、Symfony、Zend Framework、Laravel、、、などなど、バージョンの違いもカウントすると、僕の知るところだけでも20種類ほどのフレームワークが存在します。
現在のWebサービスは、何かしらのフレームワークを使って作成されているケースが多々有るので、何かしらのMVCフレームワークのシステム開発の経験が必要とされます。

これができれば尚可

フレームワークの選定に関して、単に好き嫌い以外に、プロジェクトやリソースなど要件を踏まえたフレームワークの選定やアドバイスができるようになれば更によいです。

3つ目:RDB・NoSQL(KVS)

データベースに関する基本知識も必要です。

RDB(MySQL、PostgreSQL、Oracle)に関しては通常、業務でよく使うSELECT、UPDATE、INSERTやJoinを使っての結合、トランザクション処理、の一連の操作ができればほぼ問題ないと思います。
また、NoSQLに関する知識や経験も必要になってくるかと思います。KVSと呼ばれるmemcachedやCassandra、Redisあたりはどれか一つは抑えておきたいところです。

これができれば尚可

既存のSQLのチューニングやレプリケーションの設定などできれば重宝されますね。
また、フレームワークとの相性なども考えて提案してあげられるレベルまで持ってこれれば文句なしだと思います。あとは、MongoDBやHbaseなどのビックデータに強いDBの経験や興味があればいいですね。

4つ目:Linuxの操作

ディストリビューションに関しては、特に問わないですが、公開鍵暗号方式でのSSHログインの設定や、ログの監視や、その他コマンドの操作は抑えておきましょう。
また、最近はvirtualbox&Vagrantとかの仮想環境を利用しての開発環境構築が当たり前になってきたので、Linux自体の設定や、Apache、PHP、MySQLなどのlampの一通りのインストール作業は抑えておきましょう。

これができれば尚可

Amazonや、さくらクラウド、Google Cloud Platformなど、クラウドでのサーバーのホスティングも多種多様になってきているので、IaaS、PaaS、SaaSの特性や料金体系を理解でき、更に提案出来ると尚可ですね。

5つ目:バージョン管理(Git)

ちょい昔は、SVNという選択もありましたが、今はGit一択な気がする今日このごろです。
GitHubなどのサービスではソース管理だけでなく、他のエンジニアとのコミュニケーションツールにもなるくらいに進化してきているので、確実に抑えておきたいソフトウェアの1つですね。

これができれば尚可

既存のサービスでSVNをまだ使ってるところも多々あるので、集中型と分散型の理解や、SVNからGitへの移行といった業務の経験などあれば尚可です。あとは、GitHubなどでの公開リポジトリがあれば、クライアントにスキルを判定してもらう際に大きな武器になります。

ざっくりですが、以上がPHPerが抑えておきたいスキルになります。
全体的に見るとすこしハードルは高めですが、フリーランスエンジニアで挑戦するのであれば、上記の内容の1つ2つは確実に抑えておけば安心でしょう。
あとは、随時キャッチアップしていく心構えが活躍できるフリーランスになるためには一番大切だと思います。

PHPエンジニアの単価・年収は?

あくまで目安にはなりますが、PHPエンジニアの年収相場は400万円~600万円です。

フリーランスに転向した場合は、年収で780万〜1080万、1案件あたりの単価は月50万円〜70万円ぐらいが相場です。

RubyやPythonと比較すると、変わらないか若干単価は低めですが、案件数は圧倒的にPHPが多く、仕事に困るということはないと思います。

→募集しているPHPのフリーランス案件をCHECKする

PHPエンジニアの年収について気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

PHPエンジニアの年収相場と年収アップのコツPHPエンジニアの年収相場と年収アップのコツを大公開

フリーランスで在宅案件を狙うならPHPがおすすめ

PHPは案件数が豊富なこと、ワードプレス系の立ち上げやちょっとした改修案件があるといった理由から、他の言語に比べて在宅案件を獲得しやすいです。

また、PHPはどちらかというと中規模のサービスで採用されることが多く、ベンチャーやスタートアップといった働き方や雇用形態に関して、比較的自由な企業が多いという点も理由の一つです。

ある程度、信頼関係ができてくると、リモートでの作業も交渉できる場合が多いです。

以下の記事も合わせてご覧ください。

PHP 在宅 案件PHPの在宅案件にはどんなものがある?【フリーランスエンジニア必見】

フリーランスへの転向を検討しているなら

株式会社adanでは、独立やフリーランスを目指すエンジニアの方へフリーランス案件の紹介・キャリア相談・サポートを無料で行っています。

現状や希望する条件、ご意向をお伺いしながら、あなたに合った求人・キャリアのご提案が可能です。

少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。