Gitでaddしたら、「warning: CRLF will be replaced by LF」ってのが出た

ある日、いろいろと削除したり変更したりとして、masterにマージしてpush
ステージング環境で、pullしたら、

# On branch master
# Changes not staged for commit:
#   (use "git add ..." to update what will be committed)
#   (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
#
#	modified:   home/adan/yonaha.js

変更もしていないのに、addかcheckoutしてくれと出ていた。差分がないので、コミットしようと思い、addしてみると、

[yonaha@adan stage]$ git add --all
The file will have its original line endings in your working directory.
warning: CRLF will be replaced by LF in home/adan/yonaha.js.

なんじゃこりゃ!? 怒られた、、、。

その後、checkoutしても、resetしても、pullしてもだめで、
調べてみると、Gitが改行コードCRLFを、LFに自動で置き換えてくれているらしく、
下記コマンドで、そのオート置換を止めるコードをストップできるらしい。

[yonaha@adan stage]$ git config --global core.autoCRLF false

トライしてみたが、変わらず、ホームディレクトリの「.gitconfig」には、

[core]
        autoCRLF = false

とあり、問題なさそうです。

その後、いろいろ試すが、
HEADの内容で、強制的に上書きすることで、解決できました。

[yonaha@adan stage]$ git fetch origin master
[yonaha@adan stage]$ git reset --hard origin/master