今注目!Node.jsの案件・年収相場まとめ【フリーランス必見】

JavaScriptでサーバー側の実装ができるNode.js。

慣れ親しんだJavaScriptでフロントエンドだけでなく、バックエンドのロジックも実装することができるとあって、昨今注目度が増しているNode.js。

今回は、Node.jsの案件・年収相場や、そのトレンドについてまとめてみたいと思います。

Node.jsの案件トレンド・特徴

非同期I/O、ノンブロッキングI/Oモデルを採用しているNode.jsは、リアルタイムで大量のデータを扱うようなサービスとの相性が良いです。

そのためNode.jsは、ソーシャルゲームやチャットアプリ、クラウド系サービス、地図系アプリといった、リアルタイムにどんどん情報が更新されていくようなサービスで利用されることが多く、そういった求人案件が多い傾向にあります。

また、Node.js単体というよりも、PHPやRuby、Python、Javaなどで開発している現場で一緒に使うというケースが多い傾向です。

また、在宅やリモートといった案件は比較的少なく、常駐での勤務がメインです。

Node.jsとは?Node.jsの特徴や概要については以下の記事もご覧ください。

Node.jsとは?初心者向けに基本を解説【JavaScriptでサーバー構築】

Node.js案件の年収相場は?

Node.jsのフリーランス案件の相場は、【60万~100万/月】です。

JavaScript案件の相場がおおよそ【50万~80万円/月】程度ですので、同じJavaScriptでも、トレンド感があり、希少性の高いNode.js案件は、比較的高単価であるといえます。

Node.jsの案件にジョインしてみたいけれど、JavaScript未経験という場合は、まずJavaScriptの実績を作った上で、Node.js案件に挑戦する方が、案件受注の可能性が高まります。

ご紹介可能なNode.js案件

topimg

☆募集案件 / プログラマー☆
Node.js案件
50万~65万円

女性向けソーシャルゲーム開発

この求人のポイント
渋谷(東京都)のIT企業での勤務。
ソーシャルゲームが好きな方におすすめ。
要件定義後ではなく、企画からサービスに携われるチャンスあり

<必須スキル>
・LAMP環境でのシステム開発経験2年以上

<歓迎スキル>
・HTML5、またはスマートフォン向け開発経験

→募集中の求人をもっとみる

株式会社adanでは、正社員から独立・フリーランスを目指すエンジニアの方への転職・キャリア相談やフリーランス案件の紹介・サポートを行っています。

ご紹介しているのは、大手企業や人気企業の案件が中心で、安心で働きやすい優良求人のみを取り扱いしています。

現場の担当者と直接やりとりをしているので、勤務時間や年収交渉も間に入ってサポートが可能です。

少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

どんな企業やサービスでNode.jsが採用されているの?

以下のようなサービスでNode.jsが使用されています。

上記で述べたような、同時に大量のデータの処理が必要となるサービスで採用されていることがわかると思います。

ピグライフ

膨大なネットワークリクエストを処理するためにNode.jsが採用されています。
アクティブユーザーが最大20万人にもなる膨大なサービスですが、Node.jsを採用することにより20台のサーバーのみでの運用が可能になっているようです。

グランブルーファンタジー

Cygamesが提供しているソーシャルゲームのグランブルファンタジー。

Node.jsを使用することでユーザー間のモバイル通信速度が異なる状態でも、スムーズなバトル処理を行うことに成功しています。

LinkedIn

LinkedInは、ビジネス特化型のソーシャルネットワーキングサービスです。

パソコン版はRubyで構築されていますが、モバイル版では、実行速度を上げるためにNode.jsが採用されています。

PayPal

クレジットカード決済のPayPalのアプリケーションプラットフォームにはNode.jsが採用されています。
クライアントとサーバーサイドの両方でJavaScriptを使用することによって、ブラウザとサーバー間の不具合を改善する目的でのNode.js採用だったようです。

そのほかにも、Netflixやタクシー配車サービスのUberなど、様々なサービスでNode.jsが使用されており、今後もより多くのサービスで活用されていくことが見込まれます。

より高い単価で受注するために

基本的に求められる言語での実務経験によって案件の報酬単価は決まってきますが、下記のような経験をアピールすることができれば、平均よりも高い報酬単価で仕事を受けることができる可能性があります。

開発リーダー・マネジメント経験

開発リーダーやマネジメントの経験は、高いプログラミングスキルを持っている、周囲から信頼されるスキルを持っているという客観的な証明になります。

また、チームを引っ張っていく立場を経験しているということから、コミュニケーション能力やマネジメント能力も期待できる点で、相場よりも高い報酬単価を得られるケースが多いです。

コーディングだけでなく、要件定義や基本設計もできる

ビジネス観点からサービスやプロダクトのことを理解して、技術要件や仕様に落とし込めるという点で、希少価値が高く、評価が上がります。

加えて、顧客折衝や営業経験があると尚可です。

類似した業界やサービスでの開発経験

求められている言語の経験が浅くても、類似の業界やサービスの開発に携わったことがあるということで、「勝手がわかっている」「キャッチアップが早そう」ということで、経験年数の相場よりも高い報酬が出る可能性があります。

フレームワークを使った開発経験

最近では、フレームワークを使って開発を行うケースが増えてきているため、何かしらのフレームワークを利用して開発をした経験がある方のほうが、案件獲得の上で有利になるケースもしばしばです。

これは、Node.js案件に限らず、ほとんどの開発現場でいえることですので、いろんな言語を習得したり、様々な領域で経験を積むことももちろん重要ですが、プロジェクトを通して、上記のような経験を積んでおくこともフリーランスで活躍する上で非常に大きな武器になります。

Node.jsのフレームワークについては以下の記事もご覧ください。

Node.jsのフレームワーク比較|メジャーどころの特徴とメリットまとめ
プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。