フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアって、、、なに?

簡単に言うと、「Webサイトの目に見える部分に関わるお仕事」です。
少しだけ厳密に言うと、HTML・CSS・JavaScript等のブラウザで動く言語を駆使して、「ユーザーとブラウザ、ブラウザとサーバーを繋ぐお仕事」です。右脳(感覚)と左脳(理屈)をバランスよく使うお仕事です。

実はエンジニアでは無かった?

今まではHTML・CSSはプログラミング言語ではなかったため、エンジニアとは認められなかったんです、一般的なサイトはHTMLとCSSを中心にJavaScriptは部分的に使う程度だったので「マークアップエンジニア」とか「コーダー」という名称が付き、明らかにPHPやJava、Rubyなどといったサーバーサイドエンジニアとは、上下関係がはっきりしていました。

今では、HTML5・CSS3の出現と、スマホやタブレットなどのデバイスの増加、ブラウザは進化し表現できる範囲が増え、JavaScriptには、Backbone.js やAngularJS、Reactなどの様々なフレームワークが出て来る中、Webサイトのフロント側に関わる人達の専門性が上がり、「フロントエンドエンジニア」という名前でエンジニアとしての市民権を得て、今後ますますフロントエンドエンジニアという職種へのニーズが高まってきます。

何をするのが仕事か?

冒頭で「ユーザーとブラウザ、ブラウザとサーバーを繋ぐお仕事」と言いましたが、実際は主にデザイン周りの仕事がベースになってきます。

ユーザーとブラウザをつなぐ

ユーザーとブラウザと言うのは、サイトのデザイン周りの事を指します、
UI/UXと言いますが、使いやすさ、見た目の美しさ、情報、機能性などをデザインしていく作業です。
デザイナーとしての感性も大切ですが、使いやすさや機能性に関する知識、発注者との調整力がとても大切になってきます。
また、表示する情報量や対応デバイス(スマホやタブレット)も考慮しなければいけないので、幅広い知識が必要になってきます。

ブラウザとサーバーをつなぐ

ブラウザとサーバーと言うのは、サーバーから必要な情報を取得して表示する。
また、ユーザーからの入力値(メールアドレスやパスワードもそうですし、お問い合わせ情報等のテキスト文章など)をサーバーサイドで処理してもらうためにそれらを送りつける作業をします。

特に、使いやすさ・機能性を追求していくと、下記の要求が生まれてきます
・シームレスなページング
・入力値を自動で保存するオートセーブ機能
・沢山の情報をコンパクトに表示したい

具体的にはどういった知識が必要?

HTML5・CSS3・JavaScriptの理解が必要になります。
HTML5はタグの構造化を理解し、CSS3ではMedia Queries(メディアクエリ)等を使ったレスポンシブデザインの理解が必要になります。

JavaScriptに関しては、オブジェクト指向プログラミング言語ですので、HTML5やCSS3に対して取得ハードルがかなり高いですが、最低限、jQuery等のライブラリの経験があり、モーダルやアコーディオンなど、JavaScriptでどのような表現が出来るかを理解しておく必要があります。

宣伝

弊社(株式会社adan)は、エンジニアの転職やフリーランスへのお仕事紹介を行っています。
興味がある方は、弊社ホームページより気楽にご連絡ください♪
http://adan.jp.net/contact.html
「転職の相談がしたい!」「フリーランスになりたいけどアドバイス欲しい!」「高額な案件を紹介して欲しい!」など、ご連絡をお待ちしています。


プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。