Rubyエンジニアの年収相場と年収アップのコツを大公開

Rubyエンジニアの年収相場と年収アップのコツを大公開

自分の年収は平均と比べてどうなの?Rubyエンジニアとしてもっと年収を上げたい!という方向けに年収相場や年収アップのコツについて解説します。

また、今後もRubyの需要はあるのか、その将来性についても合わせて解説します。

Rubyエンジニアの年収相場

Rubyエンジニアの年収相場は、あくまで目安にはなりますが、550万円です。

Webエンジニアが使うことが多いPHPは400〜600万円、Pythonは570万円程度が相場なので、他の言語と比較しても年収面でそこまで大きな差はないと言えます。

ただ、他の言語と比較するとまだまだ使い手が少ないので、案件によっては比較的高額な年収が出やすい言語でもあります。

Rubyエンジニアが年収をあげる3つの方法

Rubyエンジニアが年収をあげるには、大きく3つの方法が考えられると思います。

  1. スキル・経験を磨く
  2. 転職する
  3. フリーランスとして独立する

以下で詳細を解説していきますね。

1. スキル・経験を磨く

1つ目は、スキル・経験を磨くことでRubyエンジニアとしての市場価値を高めることです。

中でもRubyエンジニアであれば、以下のようなスキル・経験があると転職やフリーランスとして独立する際にも有利に働きます。

  • GitHub(バージョン管理ツール)を使ったプロジェクト開発経験
  • Chefを使ったWebサーバの構築
  • Ruby on Rails 以外のフレームワークや他言語での開発経験

chefでレシピを書いたことがある経験や、インフラ周りのプログラミング経験は、必須という訳ではありませんが、各所で使える知識であるため重宝されます。

Rubyのメリットでもありますが、数々のライブラリや関数が用意されているため、他言語と比べて、短く簡潔なコードで処理を実装することが可能です。
しかし裏を返すと、他の言語では意識しなくてはいけないようなお作法やコードの考え方もあるのです。
エンジニアになってRubyのみをがっつり極めてきた、というエンジニアが他の言語を習得しようとする場合、時間がかかってしまうこともしばしばです。

また、エンジニアとしての専門スキルを磨くだけでなく、コミュニケーション能力やマネジメントといったプラスアルファの仕事力を磨くことを意識しましょう。

現在の会社で年収アップするにしても、転職するにしても、1プレイヤーとしてだけでなく、PL・PMといった立場で仕事ができたり、メンバーの採用・育成等にも貢献できる方が評価・年収は上げやすいです。

2. 転職する

2つ目は、より年収の高い会社に転職することです。

エンジニアに限らずですが、ベンチャー企業やスタートアップの企業に比べると、上場企業の方が年収は高くなりやすいです。

とはいえ、Rubyを採用している企業はベンチャーやスタートアップが多く、上場企業もまだまだ数が少ないと言えるかもしれません。

会社情報を調べた上で、志望企業がどれぐらい「儲かっているのか」今後も業績が拡大しそうな企業なのかの見極めが必要です。

3. フリーランスとして独立する

3つ目は、フリーランスとして独立することです。

フリーランスになると、収入が不安定になったり、エンジニアとして以外の仕事(営業や経理など)もする必要があるといった側面もあるので、メリットばかりではないですが…

Rubyエンジニアがフリーランスになった場合の年収相場は、960万~1200万です。

一方で、1案件あたりの報酬相場は、月80万円〜100万円程度のお仕事が多いです。

ベンチャーやスタートアップ企業のWebサイト制作で利用されているケースが多いので、在宅やリモート案件など、勤務スタイルが柔軟な案件も多いという点もメリットだといえます。

フリーランスについて興味がある方は以下の記事も合わせてご覧ください。

フリーランスエンジニアに必要な全てのことフリーランスエンジニアに必要な全てのこと〜スキル・経験・稼ぐコツ〜
プロに聞いてみる
株式会社adanはエンジニアのキャリアに真剣に向き合っています。
企業の情報エンジニアとしてのキャリアアップの方法、現在の待遇(給料・報酬)未経験からのステップアップ方法などのご相談を受け付けています。
お気軽にお問合せください。